自賠責の最高限度額は後遺症により常時介護となった場合の4,000万円

車の保険の中でも最も基本的な自賠責保険は、強制保険であり他者の身体に影響があった場合に補償される保険です。

身体に影響があった場合というのは、怪我、後遺症、死亡の3つに大きく分かれます。

自賠責保険の保険金は支払い基準が設けられており、よりトラブルなくスムーズに保険金が支払われる仕組みになっています。

怪我の場合は、治療、文書、休業、慰謝料などの請求に対応し、最高120万円の限度額が定められています。

後遺症の場合は更に細かく定められており、要介護状態の場合と後遺障害の程度で分けられています。

死亡による損害は、葬儀費、逸失利益、慰謝料で最高3,000万円、また、死亡に至るまでの怪我による損害の場合も120万円と定められています。

尚、これらは被害者1人あたりの保険金額です。

自賠責保険の最高限度額は、後遺症により常時介護となった場合に最高4,000万が補償されます。

高額に思えますが、被害者の立場になるとそれでも十分ではありませんので、足りない部分を任意保険により補てんする必要も出てきます。

自賠責保険に加入していない車両は、原動機付自転車を含み、自動車損害賠償保障法に基づき運行する事が出来ません。

自賠責保険に加入しない状態で運転を行うと、免許証は直ちに停止となり、懲役や罰金も求められます。

また、意外と知られていないようですが、自賠責保険の証明書を所持していない場合は30万円以下の罰金が求められます。

自賠責保険は被害者側からも請求する事が出来ますが、万が一加害者が自賠責保険に未加入の場合は、国土交通省が加害者に変わり被害者へ補償を行い、加害者は国土交通省から補償金分を請求される事になります。

このように、自賠責保険というのは車にとって必要最小限の保険であり、これだけでは車の事故による損害賠償のリスクを完全にカバーできるものではないという点を良く認識して置くべきでしょう。

実は、この自賠責保険、2011年、2013年の2回にわたって大幅に改定され、保険料の金額も大きく上がってしまいました。

中でも、軽自動車の自賠責保険料の上がり幅は大きいものとなり、現在では自賠責保険料を見る限り軽自動車のメリットはあまりないというような状態にまでなってしまいました。

軽自動車にとっては、任意保険の方をどう選ぶのかがますます重要になっていくことと思います。

車の保険というのは、もはや自賠責、任意保険の二本立てで考えるのではなく、両方を一体として考えなければいけない時代になったのかもしれませんね。


このページの先頭へ