任意保険は自賠責がカバーできない部分を補償する重要な保険

車の保険のうち任意保険は強制ではありませんので、自動車の所有者個人の意思によって加入する事が自由となっています。

しかし、任意保険は自賠責保険がカバーできない部分を補償する為にも必要な保険です。

自賠責保険が補償する被害者への損害賠償の部分もそうなのですが、対物賠償の場合や、自身が怪我をした場合を基本に様々なケースを想定した内容が準備されています。

これらの補償には自損事故保険や車両保険など、細かく細分化されていますが、いざという時の補償として大きな役割を果たします。

自賠責保険の補償範囲には限りがあり、不足分を補てんする任意保険の存在もとても重要なものだということです。

加害者が自賠責保険に入っていない場合は、国土交通省が加害者に変わって被害者に補償金を支払います。

自賠責の補償の上限は、死亡による損害で3,000万円、後遺障害でも4,000万円までであり、1億円以上の損害賠償の判決も珍しくなくなった今ではとても全額をカバーできる補償とはなりえません。

加害者が任意保険に加入していない場合だと、被害者側は十分な補償を受ける事が出来ないと言う事態になってしまいます。

任意保険の大きな役割の一つは、まさにこうした自賠責保険では対応できない補うことであり、「任意」とは言うものの現在では車を運転する人にとって欠かせない保険であると言っていいでしょう。

なお、相手方が任意保険に加入していない場合、被害者側が自身が加入する車の保険によって補償が受けられる方法もあります。

その中でも無保険車損害保険は、ほとんどの車の保険に自動的に付帯されており、自身の対人保険の補償額と同等の金額を受け取ることが出来ます。

また人身傷害保険では、相手との交渉を待たず、治療費などの保険金を実際の損害額ベースでいち早く受け取る事が出来ます。

これらの両方が、自分自身の持つ車の保険に付帯されている場合は、どちらかを適用する事になります。

また、自賠責保険の補償範囲はあくまでも人的被害のみであり、対物は全くをカバーされていませんので、その意味でも十分であるとは言えず、この点からも対物賠償を含む任意保険は欠かせないものとなっています。

対物被害の場合、任意保険では弁護士を通して交渉する為の費用を補てんする、弁護士費用特約を利用するのも一つの方法になります。

信号待ちで追突されるなどのいわゆる「もらい事故」の場合は、過失割合が0:100となって保険会社は相手方との交渉を代行できなくなりますので、このような事態に備えて弁護士費用特約を付けておけば安心です。

いずれにしろ一家一台どころか1人一台にも向おうとしている今となっては、自賠責だけでは運転者としての社会的責任を果たしえないことは明白であり、任意保険は準義務的な保険と考えるべきでしょう。

今後とも、車を所有する時の維持費については、自賠責+任意保険で保険料負担の相場が考えられるようにならないといけないと思います。


このページの先頭へ