代理店タイプにするか自分で手続きをする通販型にするかの選択

p>自動車保険を選ぶ際には、代理店を介するか自分自身で手続きを行う通信販売型の自動車保険にするかの選択肢があります。

自動車保険の代理店は様々あり、専業代理店ばかりではなく、自動車を扱う自動車ディーラーや自動車整備工場なども代理店として挙げられます。

割合としては、自動車ディーラーや自動車整備工場などいわゆる副業代理店の方が圧倒的に多く、専業代理店は業界全体の15パーセント程度だといわれています。

日本では、自動車保険の支払い手続きは90%以上が代理店を介したものとなっており、代理店と自動車保険の関係は密接なものとなっています。

特に自動車保険は契約内容を確認するだけでも大変なものなので、いざ事故が起こった時に、迅速かつ丁寧に対応する代理店には人気が集中しています。

特に保険の自由化以降は、代理店の競争も激しくなり、代理店もどんどん淘汰されている傾向にあります。

自動車保険を利用する側が代理店に求めるものは、いざという時の対応や普段のサービスですので、この点を重視して代理店を選びましょう。

一方、通信販売型の自動車保険は、代理店を介さない事から中間コスト分の経費が浮き、保険の掛け金が安くなるメリットがあります。

契約などの手続き業務が電話やインターネット、郵送などを利用していつでも行えるという手軽さも魅力です。

通信販売型の自動車保険はほとんどリスク細分型保険で、より交通事故のリスクが少ない方は保険料がさらに安くなる可能性があり、メリットの多い自動車保険と言えます。

しかし、代理店を介さないということは、全ての手続きを自分で行わないといけないということであり、ある程度の自動車保険の知識が必要となります。

特に交通事故を起こした場合は、気が動転している可能性は十分にありますから、サポート体制がしっかり整った保険会社を選ぶという事が大切です。


このページの先頭へ