保険がカバーする自動車事故には様々なケースがある

自動車事故には様々なケースがありますが、他者に損害を負わせてしまう場合と自分自身が損害を被ってしまう場合があります。

任意自動車保険での対人賠償は、他者に怪我を負わせたり、後遺障害を残したり、死亡させたりした場合に補償が行われます。

自賠責保険で補償しきれない部分を補う役割がありますが、相手方によって損害賠償金が変わりますので、上限額はなるべく高く設定しておく必要があります。

最近ではほとんどの保険会社で対人賠償の上限額をデフォルトで「無制限」にしています。

また、自賠責保険の補償を超えた分のみの補償ですので、損害額が自賠責保険で賄える範囲内であれば任意保険は使われません。

自賠責保険が対人賠償のみという性格上、対物賠償の部分は任意自動車保険でカバーする必要があります。

対物賠償保険は、他者の自動車や家屋などの物的財産を損壊した場合を補償します。

対人賠償も対物賠償も損害の度合いによって数十万円から数千万へと幅があり、家屋の損壊にしても場合によっては高級品を損壊して数千万単位の高額な賠償額を補償した事例もあります。

任意自動車保険で、自分が損害を被った場合に補償する人身傷害保険と、搭乗者が同様の被害を被った場合を補償する搭乗者傷害保険は、自分自身で選んで契約する事になります。

最近では内容が充実している人身傷害保険を選択するケースが増加しているようです。

一方、これらを付帯しない場合でも、無保険車傷害保険と自損事故保険は自動で付帯されます。

また、車両保険も必要に応じて契約する保険の為、付帯するかどうか迷う方が多い保険だといえるでしょう。

車両保険がカバーする部分は、交通事故以外でも一定の自然災害がもたらす損害も補償し、より幅広いケースに対応するタイプもありますので、万が一の場合に非常に有効に働く可能性も高い保険です。


このページの先頭へ