事故で他者の身体に損害を与えた場合法律上の損害賠償責任を負う

自分が引き起こした自動車事故で他者の身体に損害を与えた場合、法律上の損害賠償責任を負う事になります。

対人賠償責任保険は他者への賠償として支払われる保険ですので、例えば被保険者が酒酔いや無免許など、法律上の違反運転を行った場合であっても保険金が支払われます。

自動車保険の任意保険に設定される対人賠償責任保険は、自賠責保険で超過した部分を補てんしますが、運転者の配偶者、こども、父母などの家族は賠償の相手に含まれない点が自賠責保険との違いになります。

また、保険を掛けた自分自身はいずれの場合も含まれず、他者の運転する被保険者の自動車に、被保険者が同乗して事故が起こった場合も含まれません。

任意保険の対人賠償責任保険の支払い対象となるものは、被害者が怪我の療養を行う為の補償費用、怪我により働けなくなった期間の休業補償、そして慰謝料などです。

また、これらの基本的な賠償費用とは別枠の範囲で、被保険者が事故によって支出する事になった諸費用が保険金の対象となっています。

これらは一般的に示談交渉や裁判に関わる費用、被害者への見舞金や香典代などが含まれ、保険会社によってどのように設定されるかはそれぞれ違いますので、契約の際にこの部分も確認する必要があります。

対人賠償責任保険の中には、被保険者やその家族が他者から借りた自動車で自動車事故を起こした場合に、借りた自動車の保険に率先して保険金の支払いを受けられる特約があります。

これは、対人だけでは無く対物にも適用されますし、入っていれば車両保険でも受ける事が出来ます。

自賠責保険でも対人部分はカバーされますが、物的損害についてはカバーされませんのでこの点は十分認識しておくべきです。


このページの先頭へ