事故で怪我などの損害を負った場合に自分自身を補償する保険

最近加入する人が増えている人身傷害保険についてとりあげてみましょう。

自動車保険の中でも人身傷害は、自動車事故で怪我などの損害を負った場合に自分自身を補償する保険です。

自動車同士の交通事故に相手方があると、多くの場合はどちらにも過失があり、過失割合によって相手方からの賠償金額も変わります。

すると怪我の治療費など、自身が被った損害の支払いを補てんするには不十分で自己負担金が必要になる場合もあります。

また、相手方から保険金を受け取る場合も示談成立の後になってしまいますので、示談交渉が長引いたりすると保険金の受け取りがかなり遅くなってしまうこともあります。

そこで人身傷害保険ですが、この保険では被った損害の全額を迅速に補償します。

あらかじめ設定した金額の上限内で、示談交渉の結果を待たずに自身の過失分も含めた損害額の全額を受け取る事が出来ます。

この場合、立替えの形になっている相手方からの賠償分は、自分が加入している保険会社から相手方の保険会社へ請求する仕組みになっています。

既に相手方から賠償金を受け取っている場合は、その分が差し引かれた金額を自分が加入する保険会社から受け取る事になります。

人身傷害は自身とその家族、契約中の自動車に同乗していた他者に適用されます。

また、自分とその家族であれば、歩行中やバスや電車、他者の自動車などに搭乗中の場合も補償されます。

しかし、原動機付自転車や二輪自動車、自分や家族の所有する他の自動車に搭乗する場合は適用されません。

2台目以降に搭乗する場合も人身傷害を付けたい場合は、その自動車に搭乗する場合にのみ適用される特約を利用すると、歩行中の怪我などを補償する等の重複部分を掛けずに安く済ます事が出来る場合もあります。


このページの先頭へ