車の同乗者が怪我や死亡などの損害を被った場合に補償

車に同乗している人のケガなどを補償する搭乗者傷害保険についてとりあげてみます。

自動車に同乗していた方が怪我や死亡、後遺障害を負うなど身体に損害を被った場合に補償される搭乗者傷害は、交通事故だけではなく、車内にいる場合に起こった火災や落下物による怪我なども補償の対象となります。

適用される範囲は、契約している自動車に搭乗していれば運転者を含めた全ての人物になります。

人身傷害との違いは、事前に設定した保険金が支払われるという事です。

一般的な傷害保険と同じ様な定額型の保険なので、人身傷害の様に加害者から支払われる賠償金や社会保障からの給付金などとは関係なく保険金を受け取る事が出来ます。

搭乗者傷害は部位や症状別で保険金額が決まっており、同じ事故で複数の部位を怪我すると、補償が高い方の部位のみで保険金が支払われる場合が多いようです。

人身傷害と搭乗者損害を両方付帯した場合、両方から保険金が下りてきますが、保険金が多くても困ることはないとはいうものの、保険料負担のことを考えればどちらかひとつ、できれば補償内容の充実した心身障害だけで十分だと思います。

仮に両方に加入すると掛ける保険料は高くなりますが、搭乗者損害は診断後すぐに保険金が受け取れる事、結果的に保険が手厚くなると言う安心感があります。

自動車に関して起きたちょっとした怪我でも請求できますし、等級には影響しないというメリットもあります。

ただし、人身傷害と内容が重複する部分がありますので、契約の際にどちらかひとつだけを付帯する形を取る保険会社も多くなっています。

その様な場合は積立型の交通傷害保険でカバーすると言う方法もあります。

同乗者全員が対象にはなりませんが、コスト面を考えても、積立型なのでそんなに家計を圧迫する事もありません。


このページの先頭へ