事故の相手方が自動車任意保険に未加入の場合に備える保険

自動車事故の加害者が本来なら加入するべき自賠責保険に加入していない場合でも、自賠責保険が補償する範囲では国土交通省が加害者に変わり損害を補てんします。

しかし、交通事故の相手方が自動車任意保険に未加入の場合、十分な損害賠償を受ける事が出来ないという不安があります。

無保険車傷害はそのような場合に保険金が補てんされる保険です。

無保険車に該当する自動車は、当て逃げで加害者が不明の場合や、相手方が対人賠償を契約していない場合、または相手方が対人賠償を契約していても、保険金が下りる適合条件に当たらない場合や保険金額が足りない場合などです。

無保険車傷害から支払われる保険金額は、交通事故の相手方が賠償するべき法律上の損害賠償額が基本となります。

その為、自分に過失がある場合はその分が減額され、自賠責保険や相手方が契約する対人賠償から支払われる分、既に相手方から損害賠償を受けた分も差し引かれる事になります。

この場合、見舞金や香典代は損害賠償とは別枠で支払われます。

また、この保険が適用されるのは、自動車保険の契約の際に記入した被保険者とその家族になります。

そして、人身傷害や搭乗者傷害の場合と同様に、被保険者の重大な過失や酒酔いなどの違反がある場合ですと保険金は支払われません。

無保険車傷害は、対人賠償に加入すると自動的に付帯されます。

また、人身傷害が無保険車傷害と併せて契約されている場合は、人身傷害の支払い条件に該当すれば、人身傷害から保険金が優先的に支払われます。

任意保険の加入率は意外に低く7割ちょっとだということですので、この無保険車傷害保険のお陰で掬われていうるケースというのは意外と多いような気がします。


このページの先頭へ