相手方の無い事故でのドライバーの死傷を補償

自動車事故には相手方がある場合と、自ら建造物に衝突する等、単独で引き起こす場合があります。

相手方がある交通事故の場合、双方が持つ過失の度合いによって法律上の損害賠償額がきまり、相手方から補償を受ける事も可能になります。

しかし、相手方の無い自損事故は、自分自身で全ての損害を賄わなくてはなりません。

自動車事故によって自分の身体に被った損害は自賠責保険の対象にはならず、自動車任意保険に於いても、自賠責保険とほぼ同じ内容である対人賠償や、相手方がある事故によって自分の身体に被った損害を直ちに全額補償する人身賠償も受ける事が出来ません。

ただし、自損事故の場合でも同乗者の身体に損害を与えてしまった場合は、同乗者に対して自賠責保険から補償を受ける事が出来ます。

自損事故保険は、相手方の無い自動車事故を引き起こし、被保険者であるドライバーが死傷したり後遺障害を受けたりした場合を補償します。

一般的には対人賠償を契約する場合にこの自損事故も自動的にセットされますので、加入の自覚がない方も居られるかもしれません。

ただし、人身傷害と補償内容が重複する部分もありますので、人身傷害から補償される場合は自損事故からは支払いがありません。

人身傷害は保険会社の算定基準によって補償額が決まりますが、自損事故の場合は損害の度合いや各種の給付金などの影響を受けない定額払いです。

自損事故で支払われる1人当たりの上限額は、死亡時に1,500万円、後遺障害が50万円から2,000万円となり、必要最低金額である事、場合によっては実際の損害額を下回る可能性がある事を留意する必要があります。


このページの先頭へ