他者が所有する自動車や建造物等を破損した場合の補償

自動車事故で他者が所有する自動車や建造物等を破損した場合、対物賠償責任が発生します。

対物賠償責任を補償する対物賠償保険で定める他者の財物とは、自動車や建造物は勿論、動物などのペットも含まれます。

しかし、自分が他者から預かった物品を破損した場合は除かれ、補償が適用される他者の範囲には自分の家族は含まれません。

自動車保険では、他者の身体へ損害を与えた場合に賠償する自賠責保険には強制加入となっていますが、他者の財物へ損害を与えた場合に賠償する対物賠償責任に関しては、自動車任意保険の対物賠償でしか補償する保険はありません。

自動車事故で損壊する物は一般的に、自動車や塀などの建造物が考えられますが、これらは元々高額であり、場合によっては高級品ということで平均的な範囲を大幅に超える賠償が必要になる場合もあります。

高級品の店舗に車を突っ込んだり踏み切り事故で列車のダイヤを乱したりするような事故だと、対物賠償の金額もとんでもないような金額になるのではないでしょうか。

保険金の支払い対象となる損害は、自動車や財物そのものの修理費や交換費、持ち主が自動車を使用出来なくなる事を指す休車損害、代わりの自動車を借りた事で発生する代車費用など、財物の損害によって派生した2次的な損害も対象になる場合もあります。

対物賠償責任に対する補償の範囲は、対人賠償責任の場合と同様に、示談交渉や弁護士費用などの手続きに於いて発生する諸経費も含まれ、これらは賠償金額の枠外から支払われます。

また、保険者が酒酔いなどの違反行為によって発生させた損害も保険金支払いの対象になるという事も対人賠償責任の場合と同様です。


このページの先頭へ