車両保険は自分の車が損害を受けた際に支払われる保険

車両保険は自分の自動車が損害を受けた際に支払われる保険ですが、他の自動車との接触や単独事故を起こした場合、洪水などの水害、落下物による損害など、補償の対象となる範囲も様々です。

しかし、車両保険はこれら広い範囲を全て補償する一般型と、一部の損害のみを補償する安価型(エコノミー型)に分かれていますので、車両保険を付帯する場合には補償の範囲をよく確認しておく必要があります。

一般型の補償範囲は、電柱やガードレール、自転車との接触、相手が不明の当て逃げ、崖からの転落などもカバーしますが、安価型ではこれらは補償されません。

安価型の場合は、車両火災や爆発、いたずらによる落書きや窓ガラスの破損、飛来や落下による物との接触、盗難などが補償されます。

そして、他の自動車との接触や衝突は、相手方の自動車に登録された番号、所有者や運転者がはっきりしている場合にのみ補償の対象となります。

また、竜巻や台風、洪水や高潮などによる自然災害はどのタイプでも保証の対象になりますが、一般型の場合でも、津波を含む地震、噴火は対象から外れますので注意が必要です。

車両保険の保険料は、契約する自動車の時価で決定されますので、購入時から年数がたっていくにつれて、補償金額も減っていく事は留意しておきましょう。

自動車保険を契約する際に、車両保険を付帯するかを迷う方は多くいらっしゃいます。

支払う保険料の負担を軽減する意味や、保険を使用すると等級が下がる恐れを危惧する場合もありますが、自動車自体が大変高価なのでいざという場合にはやはりあった方が安心です。

また自動車保険の等級の改正で、事故の場合の等級ダウンによるペナルティーが厳しくなり、10万円程度までの修理なら保険を使わない方が得になるという状況になっています。

10万円までは車両保険を使わないと割り切って免責金額10万円をセットするのも保険料節約の一手かもしれません。


このページの先頭へ